芽が出たじゃがいもは食べていい?

じゃがいもの芽を出してしまったことありますか?


じゃがいもの芽

長期の保存が可能で価格もお手頃、和・洋・中と様々なレシピにアレンジ出来るじゃがいもは、どこの家庭でも大活躍の食材のひとつですね。しっかりと食べ応えもあり、メインのおかずの材料にもなるので、買い物に行く度に買い足したり、特売で買ったり、切らさないよう常備している人も多いようです。


そんな常備野菜としても人気のじゃがいもですが、長く保存していると気になるのが、じゃがいもの「芽」。ちょっと置いておいたら、いつの間にかにょきにょきと芽が出てしまっていた...ということも珍しくありません。そんな「芽」が出てしまったじゃがいも、皆さんはどうしていますか?


じゃがいもの芽とは


通常じゃがいもは、収穫されてから約3カ月は仮眠状態に入り、その期間はたとえ常温に置いていても発芽しないと言われています(じゃがいもの品種や保存状態によって、休眠期間には差があります)。じゃがいもの「芽」の部分には、「ソラニン」という有害物質が含まれており、これを大量摂取することで中毒症状に陥ることも。


「ソラニン」に含まれるアルカロイドは神経系の毒素であり、中毒を起こしてしまった場合、嘔吐・発熱・下痢・腹痛、ひどい場合は呼吸困難を引き起こすこともあるのです。特に子供の場合は、大人に比べ「ソラニン」への耐性が少ないと言われていますので、お子さんのいるご家庭では特に注意が必要です。


結局食べれるの?


「芽」が出てしまったじゃがいもは食べられないわけではありません。ただし、「ソラニン」を含む「芽」の部分をしっかりと取り除くことが必要
です。「芽」を根元からしっかりと取ってしまいましょう。包丁の角の部分を使ってえぐり取るようにすると簡単に取れます。また、日光に当たって緑色に変色した部分にも、芽と同様「ソラニン」が含まれていますので、その部分は皮を厚めにむき、緑色の部分をすべて取り除いてから調理しましょう。


では、出来るだけ「芽」を出さないように保存するにはどうしたらいいのでしょうか?簡単な方法をひとつご紹介します。保存の際にりんごと一緒に新聞紙に包みましょう。りんごから出るエチレンガスの作用で芽の生長が抑えられます。

⇒「もっと詳しく知りたい方はこちらから」