鳥取には梨がある。お盆から始まる梨リレー、ヨーイスタート!

鳥取といえば梨!梨を食べねば!


瑞々しく透明感ある肌、口に含めばジュワッと爽やかな甘い果汁がほとばしる。そして、シャクシャクとした果肉感。


その味覚を精巧に導く梨の達人、鳥取の前田農園の前田さんに、梨の種類と出荷シーズンについてお話を伺いました。


梨シーズン到来!20世紀梨から知らない品種の梨まで


秋の始まりを梨から感じる人も多いのではないでしょうか。ところが梨が出始めるのはお盆の頃からなのです。


梨

夏さやか”はお盆前8月上旬からたったの1週間!大量生産していないので鳥取県外に出ない貴重な青梨の品種です。


豊水”9月上旬〜9月中旬。幸水と並んで全国的に生産量が多い、赤梨の代表品種。


20世紀梨“9月10日〜9月下旬。さわやかな酸味とシャリシャリした食感、そしてほのかな甘味。青梨の代表品種。全国の生産量の約半分を鳥取県が占めており、正に鳥取の代名詞。前田農園でも出荷の半分以上を占めています。
20世紀梨に関してはこちら


新甘泉“9月上旬〜9月中旬。鳥取県が特許を持ち、県外では栽培できないので入手困難。とにかく甘く、近年大人気の赤梨です。
新甘泉に関してはこちら


あきづき”9月下旬〜10月上旬。日本農業新聞果物ランキングの梨部門で1位を誇る。他の果物を入れても4位。「梨の完成形」と呼び声の高い赤梨。
あきづきに関してはこちら


新高(にいたか)”10月上旬〜10月下旬。平均450g〜500g、1kgのビッグサイズもある赤梨。

新興(しんこう)”10月下旬〜11月上旬。平均500g前後の大玉の赤梨。


意外!冬に旬を迎える梨もあります。


王秋(おうしゅう)”11月中旬〜来春1月。貯蔵性が高い赤梨で、冷蔵庫で保存すれば3ヶ月以上持つといわれています。


新雪(しんせつ)”12月上旬〜来春2月。こちらも貯蔵性がよいため、収穫は年末に終わりますが、販売は2月までされます。


和梨は追熟させて食べる果物ではないので、収穫時期=食べ頃です。いろいろな梨を追いかけて、お気に入りの品種をみつけてみてはいかがですか?

⇒「もっと詳しく知りたい方はこちらから」

関連記事