簡単!無添加の紅生姜作り方

夏バテに効果的な生姜


5月から9月にかけて出回る生姜。夏バテによる体のダルさや胃腸の不快感にも効果的なので、これから暑くなる今、積極的に食べたい食べ物の一つですね。
身近な生姜といえば、紅生姜。カリカリとした食感に、ピリッと辛いその味は焼きそばやチャーハン、牛丼に合いますね。市販の紅生姜には、保存料や合成着色料など入っているものもあります。実は簡単に紅生姜を手作り出来ることをご存知ですか?この生姜の美味しい時期に是非ご家庭で作ってみてください。

紅生姜

紅生姜の材料


・1ℓ瓶
・しょうが300g(3、4袋)
・無添加梅酢約400ml(生姜がひたひたに浸かる)
・塩大さじ1

紅生姜を作る材料

紅生姜の材料紅生姜の作り方


1.瓶を熱湯消毒します

2.生姜の皮をむいて1、2mm程度に薄切りする

生姜の皮をむく

3.水を出すため、塩をまぶす。

紅生姜の作り方

4.落し蓋など、重りを載せて1時間おく。

落し蓋

5.キッチンぺーパーを引いて水気をとる。

生姜の水気を取る

6.日当たりのよく風通しの良いところで半日以上干して乾燥させる(室内でキッチンペーパーをひいても可能)

生姜を干す

7.乾燥させた生姜を瓶に入れ、傷みにくくするため塩を一つまみいれる。

べに生姜

8.ひたひたになるまで梅酢を入れる。

紅生姜手作り

9.一晩おいたら次の日から食べられます。

自宅で簡単紅生姜

さらに色鮮やかにするためには


基本的な作り方をご紹介しましたが、さらに紅生姜の色味を鮮やかにするためには、2度付けがおススメです。2週間ほど漬けたものを、一度取り出し干して水分を飛ばします。そして塩を入れて、梅酢をひたひたまで浸します。すると1度目より色が鮮やかになり、カビが生えにくく、長く保存が出来ます。出来たものは冷暗所において保管します。



いかがでしたでしょうか?自分で漬けた紅生姜は安心して食べれますね!料理のアクセントに、是非使ってみてください。

文・写真 ひださとこ