なしの季節到来!子どもと楽しく作る、超簡単な梨のシャーベット&アイス

待ちにまった、なしの季節が到来!



夏休みの時期にお子様と一緒に楽しく作れる、簡単おいしい「なしのシャーベット&アイス」の作り方をご紹介します。

レシピ1:なしのアイスクリーム

スーパーで売っている、シャリシャリした食感のアイスクリーム(なし味)を家庭でつくるイメージ。作業自体はトータル5分程度のカンタンレシピながら、出来上がりは「高級アイスに負けてない」と好評な、優秀な逸品です。

<材料>
なし
市販のアイスクリーム 1個

<作り方>
0) アイスクリームを冷蔵庫に入れて、溶かしておく。
1) なしの皮をむき、ジップロックに入れます。(この時、空気を抜いておくとつぶしやすい)
2) 麺棒などを使って、なしをつぶします。ちょっと粗めの方が、シャリシャリ感が残っておススメ。



3) ボウルに(2)と、溶かしたアイスクリームを入れて混ぜ合わせ、型に入れて冷やし固めて出来上がり。

麺棒でたたくところは、小さな子どもでも楽しんでお手伝いできます。また、ちょっとあたって変色してしまった部分のあるなしでも、このレシピではおいしく頂けます。

ちなみに、この「生のフルーツ×アイスクリーム」のレシピは、なしだけでなくいろいろなフルーツで応用可能です。いちごやブルーベリーなどのベリー系で作ってもおいしいですよ。ポイントは、フルーツを粗めにつぶすことです。

レシピ2:なしのアイスクリーム
続いて、家庭でガリガリ食べられるあの市販のアイスキャンデーを目指して開発したレシピをご紹介します。果たして、仕上がりはいかに。

<材料>
なし
< photo IMG_1106.JPG >

<つくりかた>
1) なしの皮をむき、ジューサーでピューレ状にする。

2) バットに入れて冷やし固め、器に持ったらできあがり。


ジューサーでピューレ状にする部分は、保護者の方が横につきながら子どもにやってもらうと良さそう。うちは年長さんの息子が楽しそうにピューレ状にしてくれました。



出来上がりは、非常に上品なシャーベットになりました。砂糖などの添加物を入れなくても、上品な甘さが高級料理のデザートにぴったり。当初目指したガリガリ食べられるアイスキャンデーとはちょっと違うものになりましたが、全く異なるベクトルのおいしい一品に。
そのまま食べてもおいしい「なし」のはしり、子どもと一緒に長い夏休みに冷たいスイーツにして楽しんでくださいね。


関連記事