美味しくて嬉しい「梨」で元気に!

歴史の長い梨


夏のうだるような暑さの和らぎとともに「旬の中の旬」を迎える「梨」。ジューシーでさっぱり美味しい梨は、弥生時代から食べられていられたというほど歴史の古い果物です。また梨に含まれる栄養素は、暑さで疲れ果てた私たちの体に嬉しい成分がたくさん!そんな梨の栄養と効能をご紹介します。

むくみ・便秘解消・疲労回復


暑い夏、大量の汗をかくと、水分とともにミネラルやビタミンにくわえ、「カリウム」を排出してしまいます。体内の水分・塩分バランスを調節する役目を担っているカリウムは、足りないと「むくみ」の原因になります。梨には豊富な水分にくわえてこのカリウムが多く含まれており、夏に貯めてしまったむくみを解消する効果が期待できるのです。

梨を食べるとザラッとする感覚があります。これは「石細胞」というもので、食物繊維と同じ働きをします。また便を軟らかくする効果がある「ソルビトール」という糖の一種が果物の中で最も多く含まれています。



石細胞×ソルビトール×梨の豊富な水分
便秘に効果が期待できるのは言うまでもありませんね!

梨に含まれる「アスパラギン酸」はアスパラガスから発見されたアミノ酸の一種。栄養ドリンクなどにも取り入れられているのをご存知の方も多いのではないでしょうか。体内のカルシウムなどのミネラルと結びついて、筋肉運動に必要なエネルギーの代謝を促進し、疲労に対する抵抗力を高める作用があります。また体内の毒素であるアンモニアを尿にとともに排出する働きもあります。

美味しくて嬉しい「梨」は皮を剥かずに!


甘く瑞々しくて、シャリシャリとした食感がたまらない!梨は味しいだけでなく、むくみや便秘に嬉しいデトックス効果があり、体の抵抗力も助けてくれる。素晴らしいフルーツなのですね。

最後に、梨の栄養素はその多くが「皮」に含まれています。これまで皮をむいて食べていた方、これからは、良く洗ったうえで皮を剥かずにそのままお召し上がりください。皮つきのままでは抵抗がある方は薄めにスライスすればグッと食べやすくなりますよ!夏の疲れた体に、この秋はぜひ旬の梨を食卓にどうぞ。


関連記事