子どもも大人もうれしい「湯むきトマトのマリネ」

子どもたちの夏休みのお手伝いに!トマトの湯むき



トマトが旬をむかえてたくさん出回るこの時期、子どもたちは夏休みまっただ中です。
「おてつだいしたーい!」という子どもたちの声とは裏腹に、「夏休みだし、やらせてやりたいとは思うのだけど、結局手間がかかるから…」とか、「おやつを一緒に作っても、その後すぐに夕飯だって作らないといけないし…」というお母さんたちの声が聞こえてきます。

そんな声にお応えするのが「湯むきトマトのマリネ」です。

トマトを湯むきする方法



トマト湯むき

トマト

トマトの皮

まずは、食卓にカセットコンロを用意して、鍋に湯を沸かし、ボウルに氷水を張ります。
トマトのおしりに十字の切れ目を入れて、ヘタの部分にフォークを刺します。
沸いた熱湯の中にトマトを入れます。ここが一番オモシロイところ!
皮がプチッとはじける瞬間を、ぜひお子さんと一緒に目と耳で感じてください!
加熱することで皮が縮んでめくれ、氷水にとると、つるりと皮がむけるのです。

湯むきしたトマトでマリネをつくる



湯むきしたトマトをざく切りにして器に入れ、にんにくをすりおろします。
塩、黒こしょう、オリーブオイル、バジルの葉をちぎって加え、混ぜればマリネのできあがり!

バジルの葉

トマトマリネ

皮をむいただけなのに、別格のおいしさ!そのままたっぷり食べられます。小さく切ってつくれば、バゲットにのせてブルスケッタにしたり、パスタソースにもできます。揚げ茄子など他の夏野菜と組み合わせてボリュームあるサラダに仕上げるのもおすすめです。

子どもと一緒に楽しめて、夕飯にもなる一品ができたら、親子ともにうれしいですよね。
ポイントはカセットコンロ!台所でなく食卓で調理すること!四方から鍋の中を覗き込めます。
トマトはたっぷり用意!おもしろくって、子どもたちはつぎつぎと湯むきしてくれるはずです。シンプルなマリネだからこそ、ぜひ「つくり置き」を!